2018年4月7日土曜日

1900s-1910s Edwardian dress(4/7)



"純白の花嫁"

花嫁=白のイメージは、いつの時代も変わらないものですね。


当たり前のように白のドレスを花嫁さんは纏うようになりますが、

歴史を辿るとまだ浅く、

ヴィクトリア女王時代の結婚式がきっかけとなります。

およそ180年前の1840年。

ヴィクトリア女王アルバート公と結婚するときに

選んだドレスが白でした。


それまでは豪華で華やいだドレスを着る事が好まれていたので、

白でなくてはならないという決まりはありませんでした。


当時の女王はファッションアイコン的な存在。


イギリスから徐々に世界へと広がり、

"花嫁=白"が定着しました。


しかし結婚式に白を着用したのが、

彼女が初めてというわけではないのですが、

世間がどれほど彼女のファッションに視線を熱くしていたのか、

その当時の様子が伺えますね。



ヴィクトリア女王が即位していた1901年まで、

その後1902年からエドワード7世へ王政に代わり、

1910年までの僅かな間のファッションを

エドワーディアンと呼びます。


長く即位についていたヴィクトリア女王の時代は、

見頃や袖の形、ペチコートや流行りがありましたが、


エドワーディアンは短い即位期間だった為と、

男性ファッションの変化や特徴を語り継がれる事が多く、

女性のファッションはあまり形が変化する事はありませんでした。



その時代のドレスがこちら。

胸元の開きが少なく、ウエストの高い位置で細く締め付けられ、

ウエストから裾にかけて緩やかな傾斜です。


大変美しいカットワークのレースが贅沢に使用されています。

100年前にもミシンがあり、機械レースは存在します。

前や後ろ、どこを切り取っても死角はありません。



コンディションも大変素晴らしい一品です。




続いてこちら。



こちらは先ほどご紹介したドレスよりも

もう少し古い時代のもの。


写真では伝わりにくいかもしれませんが、

上半身は胸元がふんわりと膨らむS字カーブを描きます。



なんだかブライダルと思えないような、

少女らしさを感じさせます。

木々の生い茂るガーデンウェディングが似合いそうですね。




ウエストは総レースで細くタックを取り、

ふんわりと広がるようになっています。



特に背中の中心に寄ったギャザー、

これは元々バッスルを中に入れて履いていたものになります。



裾のティアードが可愛らしいですね。



最後にこちら。




実はブライダルフェアーでお出ししようか迷っていた一品。

というのも刺繍に色が入り、

オリエンタルな雰囲気だったので、

元々ブライダルで使用していたものはない可能性があります。


"ブライダル"だけで見ていただくのはもったいないかな?

と思っていたのですが、

アンティークが大好きなご夫婦のお手元に渡りました。



お色直し用のドレスとしてお預かりして、

特別に撮影させていただきました。


刺繍は全てハンドメイド。

想像するだけで気の遠くなるような手間がかけられています。






どことなくアールデコの雰囲気すら感じさせますが、

裾が少しだけ外に跳ねるシルエットは

ヴィクトリアンの要素を含み、

この1枚からは現在と過去と未来を感じる事ができます。






まさにファッションの時代の移り変わりを物語るような逸品。

後世にも残しておくべきドレスと言えます。


毎日ご紹介しているブライダルドレスですが、

今回のフェアーで一番古いアンティークとなります。

見比べてみると、実に様々な形がありますね。

とっておきのヴィンテージに出会えますように。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。


2018 Bridal Fair
3.31 - 4.15

ブライダルフェアーのご予約受付中です。

全て販売しておりますので、レンタルは行っておりません。

フェアーは3月31日より4月15日(日)までとなります。

結婚式の他、撮影衣装や普段着用に

ヴィンテージドレスをお探しの方も大歓迎です。

ご予約などについて詳しくはコチラ

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY