2018年2月10日土曜日

DRESS 1(2/10)



アンティークルーム、本日より三連休はドレス特集です。

結婚式や謝恩会など、

特別な機会にお選びいただけるものをたっぷりご用意しました。

この機会に素晴らしい一着に出会えますように。


さっそくご紹介いたします。

これぞクラシック、と言える素晴らしいディティール。

1930年代終盤〜1940年代初頭の

貴重なアンティークのドレス。


美しいドレープをドレスにバイアスカットを採用した

マドレーヌヴィオネを彷彿させる。


コルセットできつくウエストを締め上げなくても、

女性のボディラインは美しく表現することができる。


まさしくその時代の移り変わりを象徴するようなドレスです。


後ろ姿もお見事。

色褪せしている箇所がありますが、

それすらもデザインのように見えてしまいます。


先日もブログでご紹介したベルベットのパースがお似合いです。

動くたびに揺れるスカートの形も美しく、

見る者の時を止めてしまうような逸品。


ハットも同じくらいの年代のもの。

40年代のヘッドドレスは、

なかなかお見かけしませんが


土台がタイトで、個性的なフォルムに出会えます。


お次はベルベットのドレス。

指先に吸い付くような滑らかさが心地よいドレス。

1950年代頃のヴィンテージですが、

こちらはウエストをあまり強調しないので、

20年代のアールデコ調のスタイルに着こなすのがおすすめです。


その時代のフリンジショール。

赤いベルベットに黒と刺繍が映えますね。


ラインストーンのネックレスとイヤリング。

胸元に並んだラインストーン

手元には同じようにラインストーンが並んだパースを添えて。

続けて総レースのドレスをご紹介します。

落ち着いたトーンのグリーンのドレス。

ドレスがシンプルな分、

大胆にアクセサリーで飾って。
大粒パールのイヤリングにネックレスを合わせて。

ヴィンテージのコサージュは、

全てハンドメイドで染められた花びら。


手をかけて作られたコサージュには、

今の時代にはない風合いがあります。



ブラウンの総レースドレス。

ハイウエストの切り返しに、ベルベットのジャケット。


一見、黒にも見えますが、

裏地の黒よりも明るい色。レースが浮き上がって見えます。

パールの付け襟とイヤリング。

ベロアのショートジャケットは、

ドレスの形に合わせて選びたいですね。

パースとパンプスはシルバーで揃えて。

さらにギリギリまでメンテナンス進めていたので、

数を揃えることができました。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY