2017年9月30日土曜日

ビーズカーディガン(9/30)



さて、本日で9月も最後となりました。

下北沢は少し落ち着き、

先週よりはのんびりとお買い物が楽しめそうですね。


本日も引き続きニットカーディガン。


定番のオフホワイトのビーズカーディガンは、

毎年人気のアイテム。


気持ちが高まるようなスタイリングをご紹介します。


フェザー付きのカーディガン?

いいえ、フェザー付きの羽織を重ねて、

あたかもこんなカーディガンであるかのように見せています。
 
カーディガンにスカート、

カーディガンにパンツ、

定番にマンネリ化したら、インパクトのあるものを加えてみては?



ボトムはオレンジのコーデュロイスカート。

柄の大きなパースがよく似合います。


クラシックになりすぎないように足元は控えめ。


カーディガンではなく、

アウターからフェザーをのぞかせるのもあり。

様々なレイヤードをお楽しみください。

インナーに合わせたラベンダーのブラウスは

レディースフロアより拝借しました。

色のコントラストを強調して。


さらに白のカーディガンはこちら。

アイボリーにシルバー色したビーズ。




アクリルニットのカーディガンも二つ。


ピンクと白のビーズがガーリーな印象。




レースのモチーフがたっぷりあしらわれています。



それでは本日もみなさまのお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY

2017年9月29日金曜日

Knit cardigan stlye 1



本日ニットカーディガン、一斉入荷です!

一度に入荷があるのも珍しいので、

是非この機会にみにいらしてくださいね!


昨日更新したブログにも掲載されているので、

是非ご覧になってください。


まずご紹介するのはdarleneのニット。

もうひと目でわかってしまう方もいらっしゃるのでは?


ブルーやグリーン、色鮮やかなプリント。

女性の気分を高めてくれるような、ピンクのドレス。

レースのドレスの上に重ねました。

お待ちかねのもう一点はこちら。

前から後ろへと、

ぐるりと一周贅沢な花柄のプリントに囲まれる。


グレーのパンツに黒のビスチェを重ねて。


首元のラインストーンもお忘れなく。

カジュアルな70’sのタイトなTシャツで外したスタイル。


是非お気に入りの一品を見つけてくださいね。

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています!

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------


HAIGHT & ASHBURY

2017年9月28日木曜日

1950's-1960's vintage cardigan(9/28)


今日は風も強く、一段と寒くなりましたね。

今の時期に欠かせないアイテムといえば羽織りもの。


アンティークルームには明日より、

お待ちかねのニットカーディガンが一斉入荷します。

定番の黒やオフホワイトに加え、

プリントニットやカラーものも揃いました。

個性あふれるカーディガン、

是非お好みの一品を見つけてくださいね!


Pringleのカシミアニットカーデイガン
 
レオパードの襟付き


darleneのプリントニットカーディガン
 




尚、こちらの掲載商品に付きましては、

金土日はお越しいただいたお客様を最優先とさせていただきます。

通販ご希望のお客様は日曜日の閉店後より可能となります。

(在庫の有無についてはお気軽にお電話でお問い合わせください。)

何卒よろしくお願いいたします。


それでは皆様のお越しを心よりお待ちしています。


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------


HAIGHT & ASHBURY

2017年9月27日水曜日

1920s silk robe (9/27)


いつの時代にも女性が美しくあるために、

ファッションは救いの手を差し伸べるように、

あなたを引き立ててくれる、なくてはならないものです。

  
”ワンピース”が当たり前のようなに存在する現代。

何枚も重ねていたヴィクトリアンの時代からは、

ただ一枚の洋服で事が済んでしまうなんて、

寝巻きでもあるまいし、きっと想像もできなかったと思います。


着飾ることを諦めたわけではなく、

今までにない形を美しいものとして

ようやく受け入れた時代。



新しいもの好きで、最先端を身につけて、

皆におしゃれと言われたいことは、

今も変わりはありません。

当時の女性は、さぞかしワクワクしたのではないでしょうか。


女性のファッションに革命が起きた1920年代。

コルセットから解放されたシルエットは、

これまでにない斬新なものだったはず。


その美しさに気がついた上流階級の方から広まり、

一気に時代は縦長のアール・デコへと突入します。



このデザインはどこか着物のようで、ジャポニズムを感じます。

サーモンピンクのトリミングは、

中綿が入ったユニークなディティール。

長いフリンジがこの時代を象徴しています。



さらっと一枚で着てもよし。

デニムにパンプスでもよし。


ドレスの上にガウンのように羽織ると、

動くたびにシルクの生地が美しく揺れます。



当時の女性は、これをどんな気持ちで

袖を通したのでしょうか?

感慨深い一品です。

是非皆様に見ていただきたいアイテムです。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY