2016年5月11日水曜日

Lucite mirror conpact(5/11)


私がアンティークにハマった頃は、好きな年代の洋服を、

買って買って買いまくる生活を続けていて、

自分の好きなものをある程度買い集めた後、

その次に欲しくなったものが身の回りの小物でした。


小さなヘアピンだったり、

当時の糸やホックだったり、

コルセットの紐を締め付けるための道具だったり。

小さなパウダーケースやノートだったり新聞紙だったり。


これがまたヴィンテージから抜け出せないループにハマる事になる。。


広告の女性が身につけているものってなんだろう。

当時の雑誌の隅から隅まで気になってしまう。


ヴィンテージが好きならば

きっとその年代のファッションだけでなく、

小物も惹かれると思います。


小さく手に収まるほどのコンパクト。


ネイルを塗り直した時に紙吹雪みたいだなと思って、

このコンパクトを思い出しました。


オレンジと白のコンフェッティ模様のルーサイト。


よく見ると二層になっている。

この奥行きのある不思議な構造の秘密はここにあったか。

贅沢ですね。

元々はパウダーケースだったと思いますが、跡形もなくなくなっています。
50年代頃のコンパクトは、

この当時のアクセサリーと同じような材質で作られていますね。


鏡は曇りもなくて使えそう。

ヘアピンなど無難なアイテムしか浮かばないのですが、笑

ヴィンテージの何か大切なパーツを入れても可愛いかもしれませんね。

可愛いものを忍ばせておくと、

バッグから取り出した時に嬉しくなりますね。


ヘイトのショーケースにも、ディスプレイかと思っていた物が、

実は商品だったりします。

店内くまなくご覧になってみてくださいね。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。