2015年10月31日土曜日

ウールコート(10/31)

HAPPY HALLOWEEN!

下北は今朝から仮装の人で賑わっています。

毎年恒例のパレードもやるようです!

是非お散歩がてら下北沢へ遊びに来てくださいね。

そしてハロウィンハロウィンで忘れてしまいそうですが、

明日11月1日は日曜日、、という事は、

NEW YORK JOEのTHE FIRST SUNDAY SALE!!!

ヘイトも恒例の大量入荷ですので、是非お越しになってくださいね!



本日は週末に向けて沢山のアウターが入荷します。

ヴィンテージのクラシックなコートはシルエットが良いだけではなく、

質の良いウールや防寒性にも優れています。

まずはLiili Annのコート。

以前のブログにも掲載した通り、仕立ての良いコートです。

お次はこちら。
ミンクの大きなファーの襟でダブルボタン。

手元にはゴブラン織のバッグ。

ホックを繋げるとこのように丸みのある形にすることも出来ます。

最後にこちら。

大きなフラットカラーのコート。

サイズはやや大きめで着丈もあるので、

袖も手元まで長さがあります。

先日ご紹介したエナメルバッグがとても似合いますね。

もちろんこの他にも沢山の種類が入荷します!

是非店頭にいらしてくださいね。

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。

2015年10月30日金曜日

フリンジショール(10/30)


本日は大判のシルクのフリンジショールをご紹介します。

サイズも大きい上にフリンジが長く、引きでの撮影はなかなか困難でした。


くすみがかったピンク色に、お花がグラデーションで刺繍されています。

斜めに一折するとこのように肩にかける事が出来ます。

後ろから見てもなかなかのインパクトがありますね。

フリンジを繋げた編み目も素晴らしく、

ハンドメイドなのに、一切ブレの感じさせないテンションで編まれています。

しばらくお店の片隅にひっそりと飾っていたのですが、

いつかちゃんとスタイリングで撮影したいな〜と思っていた矢先、

実は旅立つことになったので、慌てて撮影しました。

"いつか"って思っているとこういうことが度々あります。

顔馴染みのある常連様がお買い上げくださったのですが、

この春から織物の勉強をする為に、京都で勉強中なんです。


とてもフットワークが軽い女の子なので、

有難いことに今でも2ヶ月に1度ペースでお店にも来てくれるのですが、

立ち上げ直後に見ていたこのショールが忘れられなくて、

彼女の元へと行くことになりました。


糸の製造から、染物、織物など、様々な技術のことを、

実技で学びながら、思ったような色に染まらなかったり、

苦労を重ねているようで、

元々好きだったアンティークを見る目も変わったそうです。


このショールは1920年代頃なので、

縦に伸びるストンとしたシルエットの
フラッパードレスが好まれた時代。

フリンジに限らずとも、薄くて繊細なシルクの生地に対して、

同じテンションで一針一針刺していくのは、

体力も然ることながら、相当な根気と気力のいる仕事だと思います。

彼女の話を聞いて、ますますそう感じました。


ヴィンテージは一期一会なので、売れたらそれっきり。


前回来てくれた時にずっと眺めていたので、

私も彼女の元に旅立ってくれたことがとても嬉しいです。

もちろんこの刺繍だって一晩で出来たはずもなく、

この刺繍の技術を得る為に、

何年も経験を経て熟練した職人になったはずです。


彩貴ちゃんのこれからの糧になってくれたら嬉しいな。

いつも遠くから本当にありがとう。ささやかながら応援しています!

さて、今週の土日はアウターフェアー開催します。

スタンダードなウールのコートやリリー・アン、

さらにニットのカラーコートなど、色や形も様々です。

本格的に寒くなってきましたが、お早めにいらしてくださいね。



ちょこちょことまめに並べているランジェリー。

冬も引き続き充実しているので、是非チェックしてくださいね。

それでは本日も皆様のご来店をお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。

2015年10月29日木曜日

アンティークのベルベット(10/29)


本日はベルベットのアイテムをご紹介します。

まずはシルクのショール。

シルクのベルベットは今でもとても高級品なので、とにかく贅沢な一品です。

ショールのように巻いたのですが、

何かのパーツのようにも見えるので、

果たしてこの使い方が正解かどうかは分かりません。

たっぷりと寄せられたギャザーでお花のようです。

写真は一枚目の写真に色が近いです。

ダスティーなラベンダー色で色味も素敵ですね。

お次はバッグ。

大きな巾着の形をしたバッグ。

なんの変哲もない黒のバッグに見えるのですが、

おそらく100年、90年程前のものです。


裏地も贅沢にシルクの生地を使用しています。

収納力はあるのですが、紐がやや弱いので、クラッチバッグのようにして持つのが◎

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。

2015年10月28日水曜日

ハンドバッグ(10/28)


本日はバッグのご紹介です。

同じメーカーが作っていたこちらのバッグは

模様や金具の色がシルバーかゴールドかの違いで、

形もサイズも同じです。

オリエンタルな絵柄でエナメルのようにツヤがあります。

一見ただのバッグに見えますが、

実はこんな仕掛けがあります。

がま口の部分のサイドのつまみを押すと…
パカっと開きます。

なんと取り外し可能なんです。

そして裏面にひっくり返してはめると、
エナメルバッグに早変わり!


もうひとつのバッグも同じように取り外し出来ます。 

シンプルなネイビーのバッグ。

クリアな持ち手もいいですね。

是非スタイリングに合わせて、お使いになってください。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。

2015年10月27日火曜日

スウェットのスタイリング(10/27)

本日は昨日のブログでご紹介したスウェットをスタイリングでご紹介します。

1950年代頃のヴィンテージのスウェット。

リーバイスのビッグE、更にメンズフロアから1940'sのチェックローブを羽織りました。
ルーズになりすぎないように、つま先がやや細めのパンプスを合わせて。



今日はお天気もいいので、ふらっとお散歩してみては?

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。

2015年10月26日月曜日

スウェット(10/26)


本日はヴィンテージのスウェットをご紹介します。

コットンですが、シャツを重ね着したり、

小さめのスウェットの上にジャケットを羽織ってレイヤードしたり、

これからの季節でも着ることが可能です。

まずは50'sカレッジプリントスウェット。

前Vのラバープリントです。


お次は両Vはめ込みスウェット。

サイズはやや小さめで、裾や袖口のリブも強く、着丈も短めです。


着てみると首元がハイネックのようになります。

襟付きスウェット。

ハーフジップの半袖のスウェットで、胸元には刺繍とラバープリント。
半袖のスウェットも今年はハイネックのカットソーに重ねてレイヤードしても◎

お次はフルジップ

白のボディにはシミなどのダメージが目立ちますが、

柄物と組み合わせてレイヤードしてみては?

ジップはTALONです。

ポケットはセパレートポケット。通称セパポケ。

最後はフード付きスウェット。ポケット付きです。
他のスウェットに比べるとやや若い70年代頃。

サイズがバラバラなので、是非店頭でお試しください。

それでは本日も皆様のご来店をお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。