2015年10月5日月曜日

ヴィンテージのニット(10/5)


土日が嵐のように過ぎ去り、

下北沢はいつものようにのんびりとした午後を迎えています。


ニットフェアー、ブライダルフェアー、さらに系列店のJOEのサンデーセール、

ニュースだらけの休日でしたが、

沢山の方にお越し頂き、本当にありがとうございました。


ブライダルフェアーは10月12日までとなります。


ドレスをお探しの方は平日の方がゆっくりとご覧いただけます。

毎日夜21時まで開いていますので、

お仕事帰りや学校帰りに、よろしければお立ち寄りください。


先月から再びのんちゃんが復活しています。

ヘイトに通い始めてからすっかり長い付き合いになりますが、

私にとっては妹のような娘のような、、、

しっかりものなのでお姉さんのような存在でもあります。


のんちゃんは入学式用のドレスを選びにきたことをきっかけに

ずっとヘイトに通ってくれていました。


かつてはクマのプリントTシャツばかり着ていたのに、

すっかり着こなし方もすっかりお姉さんに。

アンティークもヴィンテージも大好きな女の子です。


昨日はたまたま一緒でしたが、

主に私がいない時はアンティークルームにいます。

頼れるお姉さんなので、今後もどうぞ宜しくお願いします。


アンティークもかわいらしいニットが入荷したので、ご紹介します。


ニットの一番の魅力は思い通りに形を作る事が出来る所。

80’sの個性的な様々な素材を盛り込んだニットも好きですが、

こちらの1950年代前後のニットカーディガンも

なかなかかわいらしい形をしています。

ピエロのように襟が大きく小さなポンポン付き。

着てみるとイエローのニットはふんわりなるように編まれています。

こうした変形自在なデザインもニットならでは。

裏地は贅沢にシルクなんです。

さらにベルベットのシルクのリボンで箇所箇所にトリミングされている所も魅力的。

黄色のリボンもたまらないですね。

ちなみにリボンは後ろで縫い止められているので、アシンメトリーになります。

襟元にリボン結びも出来ます。

お次はこちら。

なんの変哲もないニットですが、このタグには絶大な信頼を置いています。

"daelene"製のニットは先日のブログでご紹介した、

プリントのニットで見かける事が多いメーカーです。
このニットもやや着丈が短めですが、

形も程よいサイズ感のニットをお探しでしたらおすすめです。

最後はこちら。

ハイネックの半袖ニット。ボックス型のシルエットがかわいらしいですね。

ボトムはタイトスカートや、フレアなパンツでも◎

昨日も丁度ハイネック、半袖、ボックス型の3原則が揃ったトップスを

試着されて悩んでいたお客様と、

あれこれ着方についてお話をしていたのですが、

レースのブラウスや白シャツなどレイヤードするのが面白いアイテムです。

ウールの半袖ニットって日本では元々需要のないアイテムだと思うのですが、

なかなか挑戦しがいがありそうです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

それでは本日も皆様のご来店をお待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

※商品、通販に関するお問い合わせはお電話をお勧めします。
メールに関するお問い合わせはしばらくお待ちいただく可能性がございます。予めご了承ください。