2008年11月29日土曜日

お客様スナップ 

 今日ご登場いただくのは、 素敵な妊婦さん代表machaちゃんです。
 
当店のご近所にあるライブハウスでアルバイトをされており
 
いつも立ち寄ってくれていたかわいらしいお嬢さんが、
 
ご結婚され、年明けには赤ちゃんも産まれるというのですから
 
時の流れの速さを実感します。


おなかが大きくなった今も
 
以前にお求めいただいたジャガードコートがよくお似合いです。
 

2008年11月28日金曜日

クリスマスの飾りつけ

すこしづつ進めていたクリスマスのディスプレイが
  
ようやくかたちになってきました。
 
毎年この季節になると、ワクワクしながら飾り付けをしています。
  
 


 

 


テラスの雑貨コーナーにも、クリスマスアイテムが揃いました。



1960年代のオーナメント。



 
エイボン化粧品のノベルティだったキャンドル。
 

キャンドル型のランプ。

2008年11月27日木曜日

ジャケットコーデ

どうしても、固い印象になりがちなジャケットを
 
華やかなコーディネートでご紹介します。
 

暖かみのあるイエローを基調に。

中に着たドレスは、1930年代のシルクオーガンジー。
 
張りのある生地なので、フリルのシルエットが綺麗にでます。

 
 
袖の形も、バックのリボンも
 
どこをとってもラブリーです。
 
30'sスパングルのタイを、リボン結びに。


ジャケットのボタンが、バタースコッチキャンディのよう。
 
思わず、”美味しそう...”とつぶやいてしまいました。
 
襟とフラップがフリンジになっています。





レギンスを外すと、タッセル付のシューレースがかわいい

モスグリーンのヒールシューズ。

 

 

 


もう一体は、鮮やかなグリーンの千鳥格子ジャケットで

カラフルなコーディネート。

ゴールドビーズのコサージュと、布製のコサージュを重ね付け。

こうして、幾つかまとめて付けると華やかさが増します。

甘くなりすぎない色調のフラワープリント。

2008年11月26日水曜日

お客様スナップ 

久しぶりのお客様スナップです。
 
今日ご紹介するのは、
 
高校生だった頃から通って下さっており、
 
一年間ほどアルバイトをお願いしていたこともあるマイコちゃん。 


彼女のお得意は、

ヴィンテージとハイブランドのミックススタイル。

この日はマルニのジャケットにデニムのコーディネイトで。


ファーに留めたウッドブローチのクマとバンビが

なんともかわいい。

 

2008年11月25日火曜日

プリンセスライン


普段はマニッシュなスタイルがお好みの方も、
 
特別な夜には是非、
 
思い切りスウィートなお姫様になって下さい。

お花が咲き誇ったようなパフスリーブとサテンの光沢は
 
プリンセスの証です。
 
 
 
 
 
 
 ピンクが苦手という方にはこちら。


控えめなカラーながら
  
サテン地とパフスリーブ、
 
ポイントはしっかり抑えています。
 


こんなドレスでお出掛けすれば、
 
パーティーの主役に間違いなしです。

2008年11月24日月曜日

ムートンコート

東京の寒さも本格的になってきました。
 
カラフルなテープ使いもかわいい、
 
暖かなムートンコートで冬を乗り切りましょう。


  

毛足が長くボリュームのあるファーを使った

ハーフコートもお勧め。

写真のようなカジュアルなスタイルはもちろん、

エレガントにも着こなせます。






ひとつは揃えておきたいヴィンテージのファーのケープは、

ニットやドレスの上に羽織る以外にも

個性的な和装の仕上げとしてなど、幅広く活躍します。

2008年11月21日金曜日

ジャケット

入荷したジャケットを、早速トルソーに着せました。

 

ビーズ刺繍でインパクトのあるジャケットなので

 

負けないように、スカートも重ねてボリュームを出しました。

 

帽子とブーツのファーで暖かみを、

 

レースのエプロンで可愛らしさをプラス。

 

 

 

 




大きく開いた襟元にレースがトリミングされた

 

ベロアのショート丈ジャケット。
 

 


 
 


こちらも、大きくスクエアに開いたデコルテラインが特徴的。

 

コルセットのような綺麗なシルエットです。

 













色味をプラスした折柄と、襟元に配したレースやブレードが

 

なんともデコラティブな一枚です。

 

コンパクトなサイズなので、パンツとの愛称も良さそう。
 






そして こちらのショート丈ジャケットは、



裏打ちされたウールの古い質感が

 

なんとも、いい感じなので




裏返しでも着られます。

 

是非、お試し下さい。



2008年11月20日木曜日

師との再会


L.A.在住のフレンチシェフ、ISHIさんにご来店いただきました。




  
ISHIさんとは、奥様が開いていらっしゃった京都のアンティークショップで

長い間お世話になっておりました関係で、

もう、かれこれ20年近くおつきあい頂いています。




 




今回、久々にお目にかかり

そのお変わりのなさには、驚かされました。
 
  
 
 

 
ISHIさんはもともと料理人でいらっしゃるわけですが、

バイタリティの塊りと申しましょうか、
 
それ以外にも様々な顔をお持ちです。
 
    
 
 

 
まず、デザインから作成までを手掛けられているオリジナルアクセサリー。
   
 

 
180年も昔の陶製のビー玉や、アンティークシルバーなど
 
こだわりぬいた素材を使い、もちろんすべてがハンドメイドです。

 
 


     
そしてもうひとつは、アンティークディーラー としての顔。
     
今でも、ローズボウルやフェアファックスの
  
フリーマーケットで出店されています。
              
お見かけになられることがありましたら、
 
是非お声をかけてみて下さい。
  
賑やかで豪快な大阪訛りで、楽しませて下さることを保証します。
 
  

   
 
 
  
 そして、
 
そんなISHIさんご夫妻の、L.A.の素敵なご自宅が
 
  
主婦の友社から創刊された
  
『LAスタイル/キッチン&ダイニング』という本で紹介されています。
    
  
 

 
 

この写真をみていると
 
朝、目が覚めると、すでにオーブンからはISHIさんの特性パンの良い香りが・・・ 
 
という幸せな思い出が蘇ります。 




ISHIさんご夫妻は、

社会に出たばかりで右も左もわからないわたしに

沢山のことを教えてくださった恩師でもあり、

いつまでもかわらぬ憧れの存在です。